キレイモの脱毛をして痛いと感じることは少ないものですが、パーツによっては刺激を感じやすいところもあります。
それは全身の中でも皮膚が薄いパーツであり、それと色素が黒いところです。

 

最も痛みを感じやすい部位はどこ?

 

このダブルを兼ね備えているのは、女子たちがこぞってムダ毛を撲滅したいと願うワキです。
狭いパーツでありながらも、皮膚は割と薄さがあって、皮膚の弱さもありますので、刺激は感じやすいです。

それにワキは女子たちが一生懸命に、ムダ毛処理に勤しむところです。ワキのムダ毛はカミソリでのシェービングがお約束ですので、その繰り返しが何をもたらすかというと、脇の皮膚をブラックカラーに変えてしまうという、とんでもないことです。

黒くなった皮膚はメラニン色素の集結しているということで、なにが困るかというと、エステでのムダ毛の施術の際に、とんでもなく痛く感じるという悲惨な事態です。

それから最も女性が痛みを感じるパーツは、彼女たちが口をそろえるであろう、VIOゾーンです。
こちらは皮膚も薄いですし、なんといっても粘膜にも近いですので、もはや激痛の範疇にも入る痛みです。

さらにデリケートパーツは、ほとんどの女性が皮膚の黒ずみを勃発しています。
黒い皮膚はつまり、メラニン色素の集大成ですし、それは光照射の際に強烈な痛みを伴うということです。

もはやVIOパーツの光照射は、誰も否定ができないほど、それは痛みが強いです。

しかも最初は毛の量が多いですし、皮膚も黒っぽいので痛みは強めですが、サロン通いも回数を重ねていくと、だんだんと痛みが減少をしていきます。
毛の量も少なくなり、丈夫で存在感がありすぎたふさふさの毛は、次第に細くて薄い毛に変わっていくのです。

さらにVIOパーツのムダ毛処理を進行していきますと、今度は皮膚の黒っぽい色が次第に薄くなっていきます。

自分でカミソリ処理をしなくなりますし、エステ機器での照射によりまして皮膚の新陳代謝も良くなりますので、皮膚が生まれ変わりやすくなったのです。
デリケートパーツも皮膚の色が変わるのです。

だから痛いといっても最初のみと知っていれば、エステでのVIOの光照射は怖いものではありません。

 

ほくろやタトゥー部分はお手入れできない

 

サロンでの光の照射をする時には、黒くて目立つほくろやタトゥーのある部位は、避けての照射となります。
サロンではお客さんの肌状態を確認してお手入れを行うので、もしもそういった状態だったら、その部分には保護テープを貼るなどして、完全に光が当たらないように守ってくれます。

だからスタッフに最初にそういった肌状態を伝えておくことで、スタッフの方もスムーズに対応をしやすくなっていいです。

 

ニキビができやすいほど脱毛した方が良い

 

肌にニキビができやすいという人ほど、サロンでのムダ毛へのお手入れはやったほうが良いでしょう。

肌荒れを起こしやすいのは毛穴の詰まりも関係します。
ムダ毛がたくさん生えていると毛穴に汚れが蓄積しやすいでしょう。
毛が生えているだけに毛穴は開きやすいですし、毛穴の汚れもストックをしやすいです。

だから肌にニキビがよくできる人であれば、迷わずにサロンでの光照射を行って、ムダ毛をなくしてしまうのがベストです。
そうするとムダ毛がない毛穴は、もうパカッと開いていなくていいですから、だんだんと毛穴が閉じるために、皮膚の毛穴はいつの間にか、キメが整います。

すると汚れや皮脂も溜まりにくくなりますので、ニキビ予防にもなりますよ。

 

足の埋没毛は脱毛で治す

 

肌を見ると結構な数の埋没毛があるという人も、サロンでの光照射をすることで、そんなお悩みとはおさらばできます。

そもそも埋没毛ができてしまうのは、誤ったセルフシェービング、もしくは毛抜き処理が原因であるからです。

 

無理にムダ毛を引き抜いたり、カミソリを皮膚の表面にあてて処理を行うと、中には毛がぷっつりと切れることも。

 

 

 

でも根っこは生きていますので、毛は伸びます。

 

ですが、傷などで毛穴が閉じている状態になっているので、皮膚の下で成長することになります。

これが埋没毛ができる仕組みです。

 

 

肌表面に出て来られず成長するので、見た目にもこのタイプは目立ちます。

でもサロンでのムダ毛のお手入れをしますと、毛は少なくなってカミソリや毛抜きも使用しなくなりますので、この問題はいとも簡単に解決を迎えるでしょう。

 

 

セルフ処理をやめることが敏感肌改善に繋がる

 

あなたが敏感肌なら、サロンでの光照射を迷うことでしょう。
皮膚が弱いのですから、光照射で皮膚が悪くなってはいけません。
しかし敏感肌であっても体毛は成長するので、自己処理してしまうでしょう。
このセルフ処理が余計に、素肌を弱くさせます。

ですからそんな肌質こそ、脱毛サロンに通って、セルフ処理をなくす方が、肌を丈夫にするステップに繋がります。
また、サロン通いで脱毛している間は、日焼けをしやすいので、UV対策はしっかり行いましょう。