メイの華


Warning: getimagesize(https://80emeforce.com/wp-content/uploads/2016/11/kireimom.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/xprincess/80emeforce.com/public_html/wp-content/themes/kaetenwp/functions.php on line 4607

メイの華

記事一覧

「20世紀少年 最終章 <ぼくらの旗>」感想

ライトアップされた巨大なタワーと無限に張り巡らされた壁によって分断されている、2017年の東京から物語は幕を開けていきます。

 

時代設定こそ近未来になっていますが、一般市民が住んでいるのは木造の平屋建てで昭和の高度経済成長期と変わりありません。

 

誰しもが怯えている新種ウイルスによるパンデミック、夜間外出禁止令が発令の違反で地球防衛軍によって即刻逮捕。

 

自粛ムードに包まれている、2020年を彷彿とさせるような息苦しさもありました。

 

上空を飛び回る飛行船からはサーチライトが照らされていて、脱走者を発見次第攻撃してくる監視塔のようで何とも不気味です。

 

壁をよじ登ってでも東京に侵入しようとするケンヂの親友・オッチョ、営業停止となったボーリング場に住み着いて呑気に菓子パンを頬張るカンナのクラスメート・小泉響子。

 

世の中がひっくり返ったとしても相変わらずマイペースなふたりの姿を見ていると、ほっとひと安心できますね。

 

オッチョや響子との久々の再会によって、氷のように凍てついていたカンナの心も少しずつ溶け始めているようです。

 

キャタピラ型から大きく改良された2足歩行タイプのロボットとの最終決戦は、その場にいるかのような臨場感ですよ。

 

ガタガタの体に鞭打ってコックピットの内部に飛び移るケンヂ、ジープで体当たりを仕掛けるオッチョ、リモートコントロールでロボットを操るともだち。

 

ようやくともだちをあと一歩のところまで追い詰めたケンヂの、突然の土下座姿での謝罪にはビックリです。

 

完全無欠のヒーローではなく罪悪感を背負ったまま生きてきた中年男性の姿を、哀愁たっぷりと映し出していました。

 

決着がついた後で開催されるコンサートはまさに愛と平和の祭典で、1969年のウッドストックを思い浮かべてしまうでしょう。

 

ともだちが「最高で最低の時代」と評する20世紀を駆け足で振り返りつつ、これまでの登場人物がステージ上に勢揃いして思い出の曲を歌う大団円には胸が熱くなります。

 

まとめ

音楽が鳴り止んでスタッフロールが流れ終わって画面が真っ暗になっても、映画はあと少しだけ続きますので気は抜けません。

 

お昼休みを迎えた中学校の校舎に流れるポール・モーリアの優雅なピアノの旋律「エーゲ海の真珠」、突如として割り込んでくるT・レックスの刺激的なイントロ「20th Century Boy」。

 

第1作「終わりの始まり」のオープニングに一気に巻き戻されたかのような、不可解な気持ちに。

 

中年のケンヂと向かい合った中学生の頃のともだちが、ついにはお面を脱ぎ捨てて素顔をさらす瞬間にはドキドキです。

 

ケンヂの告白からは誰しもが無意識のうちに周りの人たちを傷つけながら大人になっていく、少年時代に特有の残酷さを痛感します。

 

その一方、互いの痛みを共有することで、真の意味で「友だち」になれると実感します。

 

原作とはひと味違った心温まる結末と、3部作を締めくくるのに相応しい静かな余韻を味わってみましょう。

消えゆくホール

数年前、日比谷公会堂が使われなくなった。

戦後、日本のクラシック音楽の殿堂として長年君臨し続けたコンサートホールだ。

 

かつては、ローゼンシュトックが指揮し、ストラヴィンスキーも指揮台に立った。

岩城宏之や山本直純は、学生の時にステージ上のひな壇の下に潜り込んでローゼンシュトックをむさぼり聴いていた。

 

私自身、日本のオーケストラの生演奏で初めて聴いたのが、日比谷公会堂であった。

 

森正指揮の東京都交響う楽団だったと思う。

ベートーベンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」が演目の中にあり、ピアノソロを松浦豊明が務めた。

 

クラシック音楽にとって、ホールというのは、大きな楽器そのものだ。

 

各ホールに独自の音がある。日比谷公会堂は響きもしないホールであったが、その重責を果たしてきた役割には、ひとまず、お疲れ様と言いたい。

 

それと、日比谷公会堂は、大型の楽器を中に入れるのに一苦労するホールだった。

裏で音楽会を支えた人にもありがとうを言いたい。

そういえば、最近、久しぶりに中野に行ってみた。

学生の折から行きつけのとあるレコード屋に寄ってみると、何でも、松浦豊明は、そのレコード店の上得意であったという意外な事実が判明した。

 

そこのレコード屋の女主人もカール・オルフのカルミナ・ブラーナを世に宣伝しまくった人として名高い人だ。

 

こんな意外な話が飛び出るなんて、だからこの世は面白くもある。

話をホールの話に戻すと、日比谷公会堂の後を継いだのが、上野の東京文化会館だ。

ここが日本のクラシック音楽の本拠地となった。

 

ここでも様々な名演が生まれている。

わが青春のホールでもある。

 

そして、ベルリンフィルの本拠地をちょっと小型にした様なサントリーホールを始め、どんどんと良いホールができてきた。

 

新潟にある「りゅーとぴあ」の大ホール等は、サントリーホールを更に小型化した感じだ。

 

そう、今や、東京、大阪だけではなく、その他の大都市にも良いホールがあって、我々は身近に良い音楽を聴く環境にあるのである。

一方で、消えていくホールは日比谷公会堂だけではない。

五反田の簡易保険ホールといった東京文化会館に近い響きを持つ良いホールも消える運命にあったようだ。

 

ここはこけら落としの時にピアノがアンドラーシュ・シフ、NHK交響楽団の演奏でベートーベンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」を演奏して、私も聴いている。

残念でならない。

かつて、ヴァイオリニストのアイザック・スターンはカーネギーホールが歴史の幕を閉じようとする危機に扮したとき、日本企業に救いを求めた。

 

だが、日本の企業の中で、本当に芸術を愛し、理解し、国内のホールの存続にお金を出す人は無いかもしれない。

 

パリのオペラ座は2つある。

歴史あるものと新しいものだ。

日本もこれをお手本としたい。

 

それに近づく第一歩は、身近なホールをどうすれば宝と考えられるようになるかなのである。

しんちゃんの映画の感想

ぜひみなさんにもこれをみてたくさん泣いてほしいと思います。
読みづらく、まとまらない話になってしまって申し訳ございませんでした。

最後に全体的な感想になりますが、この作品、何度も何度も言ってますが本当に最高です。最高に笑えて、最高に泣けます。

 

小さいころに見たきり、それ以降見ていませんでしたが、社会人になってから見るとまた違った印象を受けます。

 

これを久しぶりに見たとき、まだ私は社会人になったばかりで、本当に毎日が辛かったです。

 

上司や先輩とはうまくいかず、仕事にも慣れず、毎日が地獄でした。

 

しかしこの作品に救われました。悩んでいることが馬鹿らしくなるくらい笑い転げ、溜まっていたものが最後涙となり、溢れ出ました。

 

何かとストレスが溜まる世の中、辛い日々を送っている方々、単純におもしろい作品が見たい方、そんな人にぜひおすすめしたい作品になっています。

ご視聴ありがとうございました。

ディズニー映画「アラジン」の感想(アニメ版)

わたしの好きな映画はアラジン(アニメ版)です。

もちろんストーリーも好きですが、劇中にでてくるホール・ニュー・ワールドも大好きです。

アラジン&ジャスミンが空飛ぶ絨毯にのり、空を駆け巡る・・・!

ものすごく夢があり、雄大な気持ちになれますね。

 

元々ディズニー映画には興味がなく観たこともありませんでしたが、音楽の授業のビデオ鑑賞で観たことがキッカケで映画アラジンを大好きになりました。

ストーリーを簡単に言ってしまえば、アラジンとジャスミンが出逢い、ジャスミンの美貌に一目惚れしたアラジン、そしてお互いの純粋さや優しさに惹かれ合いハッピーエンドを迎えるお話です。

でもその中には、出てくるキャラクターのそれぞれの気持ちが描かれていたり、アラジンとジーニーの友情愛もあり、感動もあり、笑いもあり、幸せな気持ちにしてくれます。

ここからは映画アラジンのどこが大好きになったのかお伝えしていきたいと思います。

アラジンには盗みの天才アブーというお猿の相方がいます。

 

キーキー鳴いてお話をすることはありませんが、アブーはアラジンに忠告やおせっかいを焼いてくれる、アラジンにとって、とても、とても大切な存在です。

 

アブーにとってもアラジンはとても、とても大切な存在です。

常に行動を共にし、一緒に逃げたり、一緒に戦ったりと、その二人の絆にも観ていてほっこりとします。

映画序盤で盗みをはたらかせ、族たちに追われるアラジンとアブー。

逃げるさまはものすごくワクワクさせてくれます。

 

アブーがすっごく可愛くい(^○^)

 

アラジンがジャスミンと出逢い恋をするというお話がメインかもしれませんが、ランプの魔神ジーニーとの出逢いはアラジンの人生を変えました。

人を信じること、守ることなど、この映画から教えられることがたくさんあります。

 

ジーニーは、歌がうまくて、変身やジョークが得意、おちゃらけな部分もあるけど、アラジンに出逢ってジーニーの人生も大きく変わったでしょう。

 

映画の中には曲が何曲が出てきます、

その中でもジーニーが歌を唄うシーンは観ている人を楽しくさせてくれて、ほっこりさせてくれる。

アリ王子のお通り、フレンド・ライク・ミーなど、わたしは、フレンド・ライク・ミーが好きです。

“ボス・大将・キング”、”最高のともだちどんなときでも”、この歌詞たちも聴きやすくて、覚えやすくて、つい口ずさんでしまうほど大好きです。

映画を楽しませてくれる見所のひとつです。

 

邪悪なジャファーに立ち向かったり、ジーニーの純粋さにも心をうたれます。

ジャファーは、オウムを使って悪事を働きます。

王位につくことが目的で、好意を寄せているわけでもないジャスミンに近づき振り向かせようとします。

 

もちろん、それにはジャスミンは気づいているので振り向くわけがないけど、ジャファーが魔法のランプを手にしたときは、魔法のランプの力でこのままでは王位についてしまうんではないかとヒヤヒヤさせられますが、そこも見所のひとつです。

 

アラジンがジーニーにジャスミンを恋に落ちさせるための色々なお願い事をして、2人の友情が芽生えてきたのに、ランプを奪われてた。

 

友情が壊れるわけがないけど、ジーニーはランプを手にしている者の願いを叶えなければいけないわけで、嫌でもジャファーの言う通りに従う状況で、したくもないのにアラジンとジャスミンを苦しめて、ジーニー自身も苦しんでいる姿にも胸打たれます。

でもやっぱり、ストラッシュの脱毛とジーニーの絆にジャファーがたちうちできる訳もなく、、アラジンは自分のことではなくジーニーのために願いを叶えてくれる。

その姿にはジャスミンもアラジンこの人しか居ない!と思えるシーンだったはず。

アラジン、ジャスミン、ジーニー、アブー、幸せになってほしい人たちは、幸せな結末になって、よかったなぁとすごく素敵な映画だなぁと思い、いまでもずっと大好きな映画です。

いちばん好きな映画はなんですか?と聞かれたら、間違いなく、”アラジン”と答えると思います。