わたしの好きな映画はアラジン(アニメ版)です。

もちろんストーリーも好きですが、劇中にでてくるホール・ニュー・ワールドも大好きです。

アラジン&ジャスミンが空飛ぶ絨毯にのり、空を駆け巡る・・・!

ものすごく夢があり、雄大な気持ちになれますね。

 

元々ディズニー映画には興味がなく観たこともありませんでしたが、音楽の授業のビデオ鑑賞で観たことがキッカケで映画アラジンを大好きになりました。

ストーリーを簡単に言ってしまえば、アラジンとジャスミンが出逢い、ジャスミンの美貌に一目惚れしたアラジン、そしてお互いの純粋さや優しさに惹かれ合いハッピーエンドを迎えるお話です。

でもその中には、出てくるキャラクターのそれぞれの気持ちが描かれていたり、アラジンとジーニーの友情愛もあり、感動もあり、笑いもあり、幸せな気持ちにしてくれます。

ここからは映画アラジンのどこが大好きになったのかお伝えしていきたいと思います。

アラジンには盗みの天才アブーというお猿の相方がいます。

 

キーキー鳴いてお話をすることはありませんが、アブーはアラジンに忠告やおせっかいを焼いてくれる、アラジンにとって、とても、とても大切な存在です。

 

アブーにとってもアラジンはとても、とても大切な存在です。

常に行動を共にし、一緒に逃げたり、一緒に戦ったりと、その二人の絆にも観ていてほっこりとします。

映画序盤で盗みをはたらかせ、族たちに追われるアラジンとアブー。

逃げるさまはものすごくワクワクさせてくれます。

 

アブーがすっごく可愛くい(^○^)

 

アラジンがジャスミンと出逢い恋をするというお話がメインかもしれませんが、ランプの魔神ジーニーとの出逢いはアラジンの人生を変えました。

人を信じること、守ることなど、この映画から教えられることがたくさんあります。

 

ジーニーは、歌がうまくて、変身やジョークが得意、おちゃらけな部分もあるけど、アラジンに出逢ってジーニーの人生も大きく変わったでしょう。

 

映画の中には曲が何曲が出てきます、

その中でもジーニーが歌を唄うシーンは観ている人を楽しくさせてくれて、ほっこりさせてくれる。

アリ王子のお通り、フレンド・ライク・ミーなど、わたしは、フレンド・ライク・ミーが好きです。

“ボス・大将・キング”、”最高のともだちどんなときでも”、この歌詞たちも聴きやすくて、覚えやすくて、つい口ずさんでしまうほど大好きです。

映画を楽しませてくれる見所のひとつです。

 

邪悪なジャファーに立ち向かったり、ジーニーの純粋さにも心をうたれます。

ジャファーは、オウムを使って悪事を働きます。

王位につくことが目的で、好意を寄せているわけでもないジャスミンに近づき振り向かせようとします。

 

もちろん、それにはジャスミンは気づいているので振り向くわけがないけど、ジャファーが魔法のランプを手にしたときは、魔法のランプの力でこのままでは王位についてしまうんではないかとヒヤヒヤさせられますが、そこも見所のひとつです。

 

アラジンがジーニーにジャスミンを恋に落ちさせるための色々なお願い事をして、2人の友情が芽生えてきたのに、ランプを奪われてた。

 

友情が壊れるわけがないけど、ジーニーはランプを手にしている者の願いを叶えなければいけないわけで、嫌でもジャファーの言う通りに従う状況で、したくもないのにアラジンとジャスミンを苦しめて、ジーニー自身も苦しんでいる姿にも胸打たれます。

でもやっぱり、ストラッシュの脱毛とジーニーの絆にジャファーがたちうちできる訳もなく、、アラジンは自分のことではなくジーニーのために願いを叶えてくれる。

その姿にはジャスミンもアラジンこの人しか居ない!と思えるシーンだったはず。

アラジン、ジャスミン、ジーニー、アブー、幸せになってほしい人たちは、幸せな結末になって、よかったなぁとすごく素敵な映画だなぁと思い、いまでもずっと大好きな映画です。

いちばん好きな映画はなんですか?と聞かれたら、間違いなく、”アラジン”と答えると思います。