1週間で10キロダイエットする方法【本気の人向け】

1週間で10キロダイエットは精神力が無いと不可能です。

体力が無くなるのは覚悟していると思いますが、体力が無くなると同時に精神力が無くなります。

精神力が無くなると甘い物に手が伸びるのが人間。

ジャンクフードや甘いジュースを無意識のうちに探して口にすることがないように気をつけます。

そこに気をつければ1週間で10キロ減量も夢じゃないでしょう。

わたしが行ったダイエット法で一番効果があって、リバウンドしなかったもの

「あなたにも絶対、これ!」という断言できる保証はありませんが、ぜひトライしてみてほしいと思います(^^♪

  1. 食事制限
  2. 運動
  3. 体重管理

食べ物(カロリー)を減らす

特に炭水化物である米、パン、パスタなどのご飯ものを少しでもいいので減らしてみましょう。
それか、ご飯ものをカロリーの低いものに置き換えてみるのもOK。

ダイエット中は、麺や小麦粉製品・白米は極力食べないようにしましょうね。

例えば、サラダや豆腐にかえて(量ふやしてもいい)ドレッシングやかけるものを自分の好きなものにします。

そして、カラダに優しい豆腐とかカロリーが低いこんにゃくが良いでしょう。

更に、お腹の調子を整えるために食物繊維を含んだ食事を取ります。

野菜は毎日食べますがダイエット期間中は蒸し器を使って蒸して食べると栄養を無駄なく摂ることができますよ(≧▽≦)

朝ごはんは酵素ドリンクにしてもOK。

お昼ご飯はお肉やお魚などのタンパク質と根菜です。

晩御飯は夕方6時までに木綿豆腐を中心に低カロリーながらボリュームたっぷりで満足感を味わえる食事を心がけましょう。

木綿豆腐はポン酢をかけたり、キムチをのせて食べたりするのも美味しいですよ。
ほかには、温かくしたお豆腐もお腹にたまるしカラダ全体が温まるので良いですよね。

素材の栄養を逃がさないようにします。

食事はこんな感じで、同じようなものを食べ続けることが太りにくくすると思います。
低カロリー高たんぱくですね!

あなたのの好きな運動をする

普通に生活しても体は動いているので消費につながります。

家事も朝からテキパキとこなします。

また家事に加えて有酸素運動をします。

このとき筋トレをしてしまうと筋肉痛になり翌日の運動に差し支えるので有酸素運動のみにします。

かなり辛いけど1週間の辛抱です。

ダイエットに必要なのは脂肪燃焼

脂肪を燃焼させなかったら体重は減らないでしょう。

水分摂取を控えることで体重は減るけれどそれはダイエットとは言いません。

1週間で10キロ痩せる目標を立てるなら絶対脂肪燃焼運動をしましょう。

水分摂取を控えて体重を減らすと脳梗塞や重い病気にかかりやすくなりますし、意識障害にもなりやすいです。

脂肪燃焼運動でダイエット効果が確かめられているのはジャンプ運動です。

自宅でもどこでも出来る手軽なジャンプ運動は縄跳びですよね。
ボクシングなどスポーツ選手も減量のため体力維持のため縄跳びをします。

軽くジャンプするだけの運動でも何度も繰り返し飛ぶことによって腹筋や背筋まで鍛えられます。
カラダの中心が鍛えられると代謝が改善して痩せやすいカラダになりますよ。

ひとり用のトランポリンも脂肪燃焼効果絶大です。
通販などでも手軽に購入できるので縄跳びに飽きたら使ってみるのもありだと思いますよ(^^♪

また、朝食前の30分のランニングや空き時間のフラフープも効果大。
フラフープは合計1時間は目指しましょう。

筋トレは、腹筋、背筋、腕立て伏せを100回ずつ行います。

半身浴

ムダな水分の排出のために半身浴を取り入れましょう。

汗をかくために毎晩半身浴を2時間します。

寝る前に体から水分を抜くことで浮腫みにくくします。

毎日体重をはかる

変化しているのかはちゃんと把握しておいたほうがいい。

以上の3つを4日間(できれば徐々に食事量を減らし、運動量を増やす。)

残りの3日間は何も食べず、水、お茶、スポーツ飲料する。

どうしても食べたい場合はゼリー飲料などにする。

体が辛くなった時に自分の好きなことを取り入れるなどして気をそらして食事制限や運動を組み合わせればいいと思います。