カテゴリー:クラシック音楽の記事一覧

メイの華

カテゴリー:クラシック音楽

古典派の時代とベートーベンの画期的な交響曲

クラシック音楽の最初は、宗教音楽とかであった。
シュッツ、ビバルディ、バッハ、ヘンデル等がそうだ。

この時代を過ぎると古典派と呼ばれる作曲家達の時代となる。
ハイドン、モーツァルト、ベートーベン、シューベルト等がそうである。

ちなみに、日本の邦楽におけるクラシック音楽というのは、応仁の乱の時に沢山の楽譜が焼き尽くされてしまったそうである。

クラシック中のクラシック「古典派」

話は西洋のクラシック音楽に戻る。
そもそも、クラシックとは古典という意味だ。
即ち、古典派というのは、クラシック中のクラシックな音楽なのである。

この時代、音楽家はいろいろな影響を受ける。

例えば、トルコのリズムにモーツァルトもベートーベンも「トルコ行進曲」を作った。

ピアノも大きな音が出る今のピアノに近いもになっていき、上流階級の習い事として使われていった。

音楽は教会や宮廷から離れて、どんどんと民衆のものになっていく。
そして、紛れもなく民衆の音楽を勝ち取ったのがベートーベンその人であった。

ベートーベンの画期的な交響曲たち

彼は交響曲第3番「英雄」で、今までに例を見ない画期的なことを行った。
出だしの2泊を大きく出し、そのあとに続くメロディをチェロに唄わせたのである。

それまでの時代は、メロディは高音部にあり、低音部は伴奏だけだった。
それを画期的に変えたのである。

低音部に唄わせたのは民衆に唄わせたということにも近いものを感じる。
とにかく、こんなにも画期的なことはなかった。
この時、彼は同時に民衆の音楽を得たのである。

そして、交響曲第6番「田園」では、風景を音楽で奏でるということに挑戦し、見事に描き切った。

そして、交響曲第九番では、人の声をオーケストラと一緒にすることを行っている。
これまた、画期的な話である。

実は、第九にはスケッチ的な存在の合唱協奏曲というのも存在するのが有名であるが、それよりも、第九の4楽章の有名なメロディは、モーツァルトのK.222の合唱曲に似たものがあることもまた有名だ。

このモーツァルトの曲をベートーベンが聴いたかどうかは定かではないが、古典派の受け継がれが記憶のような気がする。

そして、第九は、耳の聞えないベートーベンの指揮で演奏され、終了と同時に拍手喝采を受ける。

その聴衆の熱狂ぶりは知らせるため、コンサートマスターがベートーベンの体を聴衆に向かせて初めて彼はその成功を知る。

そして「ロマン派」へ繋がっていく

ベートーベンはその第九の初演から3年後に亡くなり、彼の死後、更に3年がたって、あのベルリオーズの幻想交響曲が初演される。

ベートーベンの交響曲第6番の影響から5楽章形式で書かれたこの交響曲は風景的なもののみならず、ストーリーを内包した画期的なもので、ここから、ロマン派の幕開きとなっていくのである。

ブリテン「青少年のための管弦楽入門」が最近頭をループしている理由。

ブリテン「青少年のための管弦楽入門」が最近頭をループしている理由。

イギリスは果たしてEUから離脱するのでしょうか?
これら一連のニュースを聞いているとなぜか、「青少年のための管弦楽入門」が頭に流れます。

理由は、多分英国の作曲家でブリテンという人が作った曲だからだということは、後で気が付きましたが特にあまり意味はありません。

まさにオーケストラの入門にぴったりな曲

ところで、この曲はよく音楽の授業で使われます。
というのは、この曲はオーケストラの編成を学ぶのにぴったりの曲だからです。

当時、音楽鑑賞で聴いたときはナレーションが入っていたと思います。

とにかくこのナレーションを聴いていれば、楽器の知識とともにその音色までわかるのでオーケストラに興味を持つにはぴったりの内容でした。

始めは、基本的な簡素なメロディーを木管、金管、弦楽器、打楽器のひとまとまりが代わるがわる演奏されていきます。
ここである程度の仲間の楽器の属性をイメージできるようになるでしょう。

その次は、もっと細かい1つ1つの楽器の演奏で、木管のピッコロから始まりヴァイオリン、ハープの弦楽器やトランペットなどの金管楽器をはさみティンパニーなどの打楽器で変わりものの(鞭は打楽器?と子どものときは思っていたが)鞭までの変奏曲が演奏されます。

これで一つ一つの楽器の違いを認識することができます。

最後は、フーガ調で入れ代わり立ち代わりいままで紹介された楽器が順番に演奏され、最後にフィナーレ。

解説は曲の良さを台無しにしてる??

ところで、この青少年の管弦楽団を聴いた中学生(小学生?)のときはもうすでにオーケストラの編成も楽器もほとんど名称も知っていました。

更にオーケストラのコンサートも何回か見に行っていたし、曲自体は最後のフーガを除いてあまり興味有りませんでした。

けれど後々CDを買いました。

この時は、ナレーションなしのCDを聴いてみると意外に良かったので教育的じゃなければ、やっぱり解説はじゃまなのかなと思ったものです。

ビバルディの「四季」を10年ぶりに聴いた感想を書きました。

ビバルディの「四季」を10年ぶりに聴いた感想を書きました。

日本は「春・夏・秋・冬」の4つの季節が楽しめます。
なので、シーズンごとにさまざまな催し物や風物詩がたくさん溢れていますね。

とはいってもこの特徴はもちろん、日本だけのものではありません。

ネットである人が「日本だけが四季がある」という書き込みに(本人が本気で思っていたのかどうかわかりませんが)、「そんなわけないだろ!」って突っ込まれたりするのがむしろほほえましく感じました。

学校でみんな必ず聴く「四季」

ところで「四季」のクラシックで思い出すといえば、小学生のとき音楽鑑賞できくであろうビバルディの四季が有名でみんな知っていますよね。

わたしが、最初に買ったレコードもこのビバルディの四季でした。

ところで「四季」を最初~最後まで通して聴いたことがある人はどれくらいいるでしょうか?
知っているのは「春」の出だし1曲のみという場合も多いのでは?

全曲を通して「四季」という協奏曲ですし、バロック音楽の素直な聴きやすい音楽です。

「四季」を聴いた感想を書きます。

そして久しぶりに聴いた(10年ぶりかな)について自分が感じたことを述べてみたいと思います。

ビバルディの四季は、全部で12曲で季節ごとに春・夏・秋・冬で3曲ずつで構成されています。

春の3曲は、明るい2曲と少し微睡をさそう静かな1曲です。
もちろんこのうちの1曲は有名でクラシックの中でもポピュラー、他の2曲と比べればこの曲だけが有名というのは頷ける完成度の高さです。

夏の3曲は、速い曲と遅いテンポの曲がありますが基本的に暗い雰囲気になっています。
それぞれに夏の厳しさを表現しているような気がします。
夏といえば暑くともお祭りなど楽しい感覚を持っている日本の夏と違っているのかもしれません。

秋の3曲は、明るい曲で実りと収穫そして狩りを表現しているので春と同じく聴きやすい構成となっています。

冬といえば、寒さ厳しいヨーロッパだからさぞ雰囲気が暗い音楽の構成になっていると予想して聴いてみると、意外に意外長調である1曲はもちろん、他の2曲も妙にやさしく聴こえる曲です。

思えば、わたしの思うヨーロッパはイギリスやフランスをイメージしてしまうので冬が厳しく夏が過ごしやすいといった先入観なのかもしれません。

作曲家ビバルディはイタリアの作曲家なので春、秋、冬は日本に近く、夏はちょっと違うのかなと改めて実感しました。

では、改めてビバルディの「四季」をじっくりと聴いてみましょう↓↓

クラシック音楽を一部だけしか聴かないなんてもったいないよ。

わたしは、クラッシック音楽も好きですが洋楽(ポップスやロック)も好きです。

今じゃ少し違いますが、昔は特に洋楽はシングルよりアルバムを大事にしていました。
アーティスト側もファン側もです。

一方日本の場合は、ほとんどシングルをすごく重要視してアルバムはその寄せ集めぐらいしか考えていないような気がします。
あまり長い曲は、疲れてしまうのかなと思ったりもしますが、どうなんでしょう。

クラシック音楽の場合もその傾向が有るような気はします。
さらに1曲が長くなるためその1曲全体も知らない、クラシックファンじゃなくても知っていて、一部だけ有名な曲ってありますよね。

でもそれ全部じゃないよって事です。

誰もが知っているのに全体ではよほどクラシック音楽を聴き込んでいる方じゃないと知らないというクラシック音楽はたくさんあると思います。

もとっも、ポップスの世界でも、CMでしか聴いたことがなくてサビしか知らないってのがあるとは思いますが、絶対量でいうかなり多いじゃないですかね。

この間、クイズ番組で知識人とされている有名芸能人の方々がある有名な曲が答えるのが遅くて、「知識人を謳ってこんなもんなの?」って思ったことがありました。

なんと、ベートーベンの第9番それも一番有名な4楽章の合唱付です。
かなりの人が買っているだろう、知っているだろうはずのベートーベンの第9番ですから唖然としてしまいました。

最初、この問題なら第2楽章あたりを出さないとすぐわかってしまうよと思ったのは芸能人を、買いかぶりすぎでしょうかね。

まあそんなことは、ともかくとして一部がいい曲だと思ったら一度に全部とはいわなくても少しずつ広げて聴いてみてください。

例えば、オフェンバックの「天国と地獄」のフレンチカンカンの部分は有名ですが、その導入部分の綺麗な曲は聞く価値ありですし、ウイリアムテルのファンファーレの後のクライマックス部分だけじゃなく嵐のシーンとか全体に聞くとより一層この曲が楽しめるような気がします。 

一度、イイトコドリじゃなくて全体を聴くとクラッシック音楽を好きになるかもしれませんよ。