クラシックが衰退している原因を考えてみた。

クラシック音楽を聴いている人が少なくなってきているということを依然あるニュースサイトに書かれていました。

幼い頃からクラシックを聴く環境で育っていたり、クラシックを演奏したりする人たちは問題なく聴いていると感じるのですが、クラシックと縁のない人々にとってはますます縁遠い世界になっているのも事実です。

クラシックは、物凄く世界が広く音楽的にも幅広いジャンルに影響を与えた音楽であることは事実です。
しかし今では聴く人が少なくなった大きな原因は音楽の多様化だといえます。

音楽の多様化がクラシック音楽から離れてしまった理由である。

中世ヨーロッパ時代の息づく音楽であり、優雅で品格のある世界観を感じられますが、一般的にクラシックという音楽は学校教育での理論先行の教育が大きいと感じられます。

理論的で堅苦しく感じてしまいクラシックに対して敬遠してしまうきっかけがこの頃だといえます。

クラシックという音楽のジャンルは一般的にも退屈で上流階級の音楽という感じを抱かせてしまうのが、実はクラシックを聴かない理由の一つになっています。

コンサートにしてもドレスコードはないにしても、フォーマルな雰囲気の服装を着なければならないイメージが大きいと感じることができます。

クラシック音楽が衰退してきたのは、家庭の中でクラシックを鑑賞する時が大幅に減ってしまったことが大きな原因といえるのは、やはり親世代が「クラシックなんて退屈」とのレッテルを貼ってしまっているせいだと感じています。

一般の人にクラシックの魅力を伝えるのは「メディアの力」

一般の人にクラシックの素晴らしさを感じるのはメディアの力にあると感じます。
過去にクラシックの名曲をCGを駆使をして、しかも現代風にアレンジとポップスと同じくらいの2~3分にコンパクトにまとめていた番組がありました。

この番組を見ていて感じたことはやはりクラシックの素晴らしさを感じさせるためにはこのような番組などがあればいいと自分でも感じています。

クラシック離れの大きな原因は、家庭でクラシックを聴かないこと。

やはり時間的に極端に長いし、意味が分からないということで聴く環境が整っていないこともあることと、もう一つは学校教育にしてもクラシック鑑賞の時間が少なくなってきているのが大きな問題になっていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です