メイの華

メイの華

記事一覧

ストリートダンスが上手くなるにはどうすればいいの?

ストリートダンスが上手くなるにはどうすればいいの?

わたしは16年前からストリートダンスを始めましたが、当時はダンスをストリートダンスをしている人は多くはありませんでした。

ですが最近では芸能界でも歌って踊れるグループが多くなり、その影響は一般の人達にも広がってきています。

ダンススタジオもどんどん増えています。
あなたもきっとダンスに興味がありますよね?

必ずうまくなる!ストリートダンス上達法

ストリートダンスを踊っている女性1番の上達法は、イメージトレーニングと反復練習です。

あなた自身をどう見せたいのか、踊りだけでなく、ダンスを見ている人は、あなたの服装や表情、すべてを見て判断しています。
ダンスバトルのジャッジも同じです、

服、靴、髪型、表情、アクセサリー、全体的な雰囲気に爪の先まで、すべてあなた色に染めてダンスしてください。

あなたが絶対負けない技や動きができれば自信になりますので、からなず誰にも負けない動きを一つでもいいので作ってくださいね^^

そして、あなた自身が踊っているところをビデオなどで撮影し客観的に見ることです。

自分が踊っているのをみるのは恥ずかしいし抵抗があるという方もいると思いますが、自分の踊りをチェックすることでより早く上手になれますよ。

ストリートダンスの効果は?

そんなストリートダンスですがさまざまな効能があるのをご存知でしたか?

先程もお伝えしたとおり、わたしはダンス歴16年になります。
中年になっても体重は変わりませんし、ボディラインはますますすっきりを維持しています。

楽しく痩せたいと思っている方にはオススメですね。

初めはダイエットや運動不足解消のためとスタートする人が多いですが、どんどんハマっていきもっと上達したいと思うようになる人も多いです。

苦痛なくダイエットするにはダンスが手っ取り早いと思います(*˘︶˘*).。.:*♡

 

バリ島で魅せられたバリダンス

バリ島で魅せられたバリダンス

ずいぶん前のことになりますが、友人とバリ旅行へ行った際に観たバリダンスに大変感激しました。

帰国後しばらくしましたら、ちょうど住んでいる街の文化センターでバリダンスのクラスが開講される知り、早速申し込んだのです。

バリ旅行で観たときには、とっても優雅で流れるような踊りだったし、踊っている人たちは、少女というか華奢な女の子たちばかりだったので、それほどハードな踊りという印象ではありませんでした。

実際にバリダンス教室に通ってみると、予想以上にキツかった!

バリダンスですが、始めてみると、まあこれがとってもハードなんです。

基本的に踊っている間は中腰で、腰は片方へクイッと出した状態ですり足で動きますので、腿は確実に筋肉痛になります。

慣れるまでは本当にきつかったです。
上半身も肩の高さに腕を張り、ひじから下を上に上げる(エジプトの壁画にあるような感じ、といいますか・・・)姿勢が多く、流れるような動きを出すにはそれは大変な力が要ることがわかりました。

でも、一曲踊り終えると汗びっしょりで、ダイエット効果も高いのではないかなと思います。
腹筋も使いますのでおなかも引き締まった気がしました。

先生のご指導のおかげで、何度か発表会のようなものにも出させていただいたのですが、バリで観た踊り子さんのようなメイクと衣装で踊るので観客からも大好評でしたよ。

うまく踊れるようになると気分もいいですし、ダイエットにもいいバリダンス。

余りメジャーではないかもしれませんが、もし習うことができる環境ならば、トライする価値はあると思いますよ。

お仕置きとして使われたクラシック音楽

先日「クラシックが衰退している原因を考えてみた。」という記事を書きました。

個人的にはクラシック音楽に対しては、芸術の一つだし素晴らしいものが多いと感じているのですが、やはり一般的な若者達にとっては苦痛のものでしかならないということらしい。

実際に、クラシックを聴かない頃のわたしは、音楽の授業が苦痛だった時もあります。
正直に書けばそのまま子守唄として聴いて居眠りをしようかと思っていた授業でした。

不良生徒たちにクラシック音楽を聴かせた校長先生@イギリス

長い学生生活、先生の言うことを聞かない生徒というのは必ず存在します。
ここ近年の日本では学級崩壊ということで、教師がいるのに関わらず子どもたちの問題行動などが多く見受けられる事が多くなりました。

教師は、そのことについて大変に悩まされる状態だと感じていますが、実際にユニークな方法で問題を起こす不良生徒が半減したというニュースがありました。 

それはイギリスのある学校です。

不良学生が色々な問題を起こすと罰として反省文とか同じ言葉を何度も繰り返し書き綴るという単純な居残りの罰がイギリスの学校にあるそうなんですが、ある校長はユニークな方法を考え出しました。

それが、クラシック音楽を流すこと。

クラシックの苦行で素行がよくなった生徒たち

効果てきめん!
罰を受ける生徒の数が減ってしまったという話です。

校長先生は、クラシック音楽の中でも比較的に緩やかで、ヴェルディとかモーツァルトの中でもシンプルな曲調でリズムもなく平和な雰囲気のメロディーの楽曲を選び、それを大音響で流すだけのことです。

もちろん、この音楽を聴いて、気持ちが落ち着いて反省する人もいると思いますが、問題は不良少年たちです。
彼らは当然として嫌がっていたということです。

退屈で本当に何これ!!
しかもこの曲をBGMに校長先生のお気に入りの詩を朗読するという状態を約2時間半も続けたとそうです。

情操教育にいいからと感じてる方は、きっと心から反省して自分のことを律したと感じてると思いますが実は反対なんですよね。

実際には2時間半にも渡る音楽地獄を味わったことで不良行為を行う生徒も急激に減ってしまったそうなんですよ。

実際日本でも使ってみたら、クラシックの衰退に更に拍車がかかりそうですよね。

クラシックが衰退している原因を考えてみた。

クラシック音楽を聴いている人が少なくなってきているということを依然あるニュースサイトに書かれていました。

幼い頃からクラシックを聴く環境で育っていたり、クラシックを演奏したりする人たちは問題なく聴いていると感じるのですが、クラシックと縁のない人々にとってはますます縁遠い世界になっているのも事実です。

クラシックは、物凄く世界が広く音楽的にも幅広いジャンルに影響を与えた音楽であることは事実です。
しかし今では聴く人が少なくなった大きな原因は音楽の多様化だといえます。

音楽の多様化がクラシック音楽から離れてしまった理由である。

中世ヨーロッパ時代の息づく音楽であり、優雅で品格のある世界観を感じられますが、一般的にクラシックという音楽は学校教育での理論先行の教育が大きいと感じられます。

理論的で堅苦しく感じてしまいクラシックに対して敬遠してしまうきっかけがこの頃だといえます。

クラシックという音楽のジャンルは一般的にも退屈で上流階級の音楽という感じを抱かせてしまうのが、実はクラシックを聴かない理由の一つになっています。

コンサートにしてもドレスコードはないにしても、フォーマルな雰囲気の服装を着なければならないイメージが大きいと感じることができます。

クラシック音楽が衰退してきたのは、家庭の中でクラシックを鑑賞する時が大幅に減ってしまったことが大きな原因といえるのは、やはり親世代が「クラシックなんて退屈」とのレッテルを貼ってしまっているせいだと感じています。

一般の人にクラシックの魅力を伝えるのは「メディアの力」

一般の人にクラシックの素晴らしさを感じるのはメディアの力にあると感じます。
過去にクラシックの名曲をCGを駆使をして、しかも現代風にアレンジとポップスと同じくらいの2~3分にコンパクトにまとめていた番組がありました。

この番組を見ていて感じたことはやはりクラシックの素晴らしさを感じさせるためにはこのような番組などがあればいいと自分でも感じています。

クラシック離れの大きな原因は、家庭でクラシックを聴かないこと。

やはり時間的に極端に長いし、意味が分からないということで聴く環境が整っていないこともあることと、もう一つは学校教育にしてもクラシック鑑賞の時間が少なくなってきているのが大きな問題になっていると言えます。